足袋のお手入れ

■足袋の履き方


新しい足袋を履く前に一度(しっかり揉んで)洗っていただきますと、生地についた「のり」が程よく取れ、足馴染みのいい、足への沿いが格段によくなります。

【1】 足袋の1/3ほど折り返し、両手の親指で2〜3回横に引っ張ります。

【2】 左右の親指で、折り返した部分を持ち、足袋をしっかりと引っ張るようにし、つま先をいれます。このように履くことにより、中心軸がぶれず、綺麗に足が収まります。

【3】 足を全部入れた後、かかと部分の足袋をしっかりと引っ張り上げます。

【4】 折り返し部分を上げます。その後、甲の縫い目(足袋の中心の縫い目)を親指側に引っ張るようにすると、指の間が痛くならず、足袋にシワも寄りません。

【5】 かかとを畳や床に着けてつま先を浮かせてください。(足を直角にすると、アキレス腱がまっすぐになり、筋肉もふくらはぎが膨らむ形になるので、足首が細くなり、こはぜがつけやすくなります。)いちばん下のこはぜから掛けます。このときアキレス腱にあたる部分の生地をしっかり中に入れ込むように整えてください。

【6】 こはぜを全部掛けたら足に体重をかけ、身体に足袋をなじませます。

●足袋の洗い方
(弊社では、足袋を型崩れさせず、長持ちさせるために、手洗いを推奨しております)

【1】 汚れが固まらないうちに、洗剤を溶かしたぬるま湯にしばらく浸します。

【2】 底地の汚れた部位に、サッと固形石鹸をつけてください。

【4】 すすぎは念入りにしてください。(洗剤を残さないことと、陰干しが黄ばみ防止になります)

【5】 水切りは、手でしごいてください。ねじり絞りは型崩れの原因となります陰干しで干してください。

※洗濯機をご使用の際は、【1】+【2】の工程を済ませた後、ネットに入れ、手洗い設定でお願いします。脱水機のご利用はお避け下さい。(縮みと型崩れの原因になります。)

●足袋の干し方

干す時は、湿っている間に、下の【1】〜【6】の順に表向けのまま陰干しして下さい。
※足袋は、底地を良く伸ばさずに乾燥させると足袋が縮んではきづらくなりますので、底地はしっかり引っ張って伸ばしてから干すよう普段から心がけをお願いいたします。

【1】 底地を横に伸ばします。

【2】 指先と踵(かかと)を持って底地を縦に伸ばします。

 

 

【3】 立甲の縫目を揃え引き伸ばします。

【4】 足首の廻りを伸ばします。

【5】手で叩き底地、表地のシワを伸ばします。

【6】 手を入れて形を整え、膨らんだ状態のまま、
   掛け糸に洗濯バサミを止めて干します。

■足袋のアイロンの掛け方

弊社の推奨する足袋は履くとシワが伸びるので、基本的にはアイロンの必要がありません。 綿100%の白足袋に限りシワが気になる場合は下の通りアイロンをお掛けください。 アイロンの温度を高温にして、すばやく掛けてください。

【1】 これは左足です。右足も同じ手順でかけます。
   アイロン台のヘリを使い、はいた状態で内側になる方を出します。
   内側の甲から、かけ糸に向かってアイロンの先を回転させます。

【2】 足首を下に向け、裏を出します。(手前が親指側です)
   底地のヘリにアイロンをかけます。
   左手で足袋を回転させながら底地のヘリをアイロンで押さえます。

 

【3】 足袋を表に返し、親指側の細長い面にアイロンをかけます。
   親指の先をアイロンの腹で押さえた後、かかとから親指へかけます。
   初めに押さえるのは、空気を抜いて余分なシワを防ぐためです。

【4】 足首を持って、履いた時外側になる方に返します。
   4本の指が入る側にアイロンをかけます。内側との重なりは後で。
   指先部分にアイロンを当て、空気を抜くようにかかとまでかけます。

【5】 足袋を回し、4本の指側を手前に向けて、足首の先までアイロンをかけます。
   内側と重なりの上でシワが寄らないように注意しながら、4で残ったかかとから
   足首にかけて、甲の縫い目も整えながらアイロンをかけます。

【6】 最後にアイロン台の角を使い、コハゼの部分を外側から押さえます。
   このとき、かけ糸の側を重ねてアイロンがけしてしまうとシワになりますので
   注意してください。

保存保存

商品カテゴリーから探す

御式用(正絹・羽二重)
白足袋(サラシ・麻)

5枚コバゼ

4枚コハゼ

麻・先丸タイプ etc...

白足袋(ネル)

5枚コバゼ

4枚コハゼ

先丸タイプ

白足袋(のびる綿)

5枚コハゼ

4枚コハゼ

先丸タイプ

ナイロンストレッチ足袋(カバー足袋含む)

ナイロンストレッチ足袋

カバー足袋

撥水カバー足袋

ふわモコキャラコ足袋 ( あったか足袋 )
お子さま足袋

コハゼあり

コハゼなし

黒足袋
職人 お仕事 作務衣用 足袋
こたび(土踏まず丈の足袋)
くるたび(半足袋)

無地

ツートン

レース足袋
綿と麻(色足袋)
色足袋
別珍足袋
赤足袋(琉球舞踊用)
革?足袋(色足袋・冬用)
柄足袋(既製品)
柄足袋(受注生産品)

鮫小紋

古典柄

イマドキ!

(柄足袋用)生地

お祭り足袋(ゴム底)
タビッパ・インソール・インヒール
足袋ブラシ・巾着
生地持ちこみ・オリジナル足袋
別注(イージーオーダー)のお客様専用
小さなサイズの方専用
大きなサイズの方専用
お買い得商品

白足袋(四季用・サラシ)

白足袋(冬用・ネル )

お子さま用足袋

黒足袋(冬用・ネル)

別珍足袋(冬用・ネル)

色足袋

柄足袋

くるたび

ナイロン足袋

ふわモコ足袋(冬用・モコ)

お子さま用 ゴム底足袋(白)

FINAL SALE

足袋屋がつくったマスク

営業日カレンダー

2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2022年2月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
休業日
アンテナショップ臨時休業日 

アンテナショップにて足袋のお見立てをご希望のお客様は、お一人お一人となるべくゆっくりお話をさせていただきながらご提案させて頂きたいので、【完全予約制】とし、事前のご予約をお願いしています。当面のお間は、マスクの着用、アルコール消毒、感染予防のご理解と、ご協力をお願い致します。

オンラインショップでのご注文は、24時間いつでもご利用いただけます。

営業日の10:00〜18:00はお電話でのご相談も受付けております。

About the owner

白記 澄子

こんにちは。
弊社は、1861年創業の足袋専業メーカー『ゑびす足袋本舗』です。
日本製・品質管理を徹底し足袋をお作りしております。
弊社の推奨品は、人間工学に基づき足型を導き出しているため、履き心地よく、疲れにくく、足が細っそり綺麗に見えるのが特徴です。
全国各地に足のサイズを計測し、種類豊富な既製品から足袋のお見立てをさせていただいており、既製品で合わない場合は、1足〜イージーオーダー(制作時間:約2ヶ月半〜3ヶ月)させていただいております。
足袋でお困りの方はお気軽にお問合せください。