ゑびす足袋について

江戸時代足袋(たび)とは、日本固有の伝統的な衣類で、和装の際足に直接履く一種の下着で 奈良時代の服制に規定されている襪(しとうず)と呼ばれ親指が分かれていない履物であると考えられています。 万延二年(1861年)、福田正三郎が大阪・本町で足袋・装束業を開業いたしました。文久二年(1862年)に徳川幕府が、それまで足袋の厳しい着用制限規定(武士と公家にだけ着用を許されていた)を、経済の発展による民度の向上や、社会情勢の変化に対応せざるを得なくなり、「服制変更令」を出し、身分関係なく足袋を履けるようになりました。これがちょうど、弊社創業の翌年にあたります。その後も老舗足袋メーカーとして時代を先取りして、明治末にはミシンを導入するなど近代化に取り組みました

江戸時代の中期にはコハゼも利用されており、ほぼ今日のような形が出来上がってほぼ完成形とされていたため、 業界内が新製品開発の余地は少ないと考えられていた中、 弊社では、綿の伸びる足袋(伸縮型)、背を高く見せるヒール足袋、指の割れてない神官・僧侶用足袋、外反母趾用足袋、着物の仮着付用のスリッパ足袋など、多様なニーズに合わせた新製品を開発し、足袋一筋だからこその数多くのこだわりを持ち、国内生産で品質管理を徹底し、高級化にこだわっております

足袋ではなく“ 足美”

足袋弊社の商品は、単なる“足袋”(あしぶくろ)ではなく、足元の美を表現する“ 足美”(たび)として、お客様にお薦めしております。足巾を細くして土踏まずをサポートするよう底生地がピタッとフィットし、生地のタブつきがなく、足を丁寧に包み込むように履いていただく事で、高級感あるスマートで、キレイで、シワの少ない、ピッタリとした足美人になっていただけます。引き締まった足と、足袋の白さが、和装全体のアクセントでポイントとなり、足袋によって締まった和装姿が美しいとされています。

アンテナショップを設けております

どんな足袋が自分にあっているのかわからない。 それ以前に、どこで売っているのかわからない。 適当に足袋を選んで履いているけれど、何が良いのかのかわからない。 あらゆるお客様のニーズにお応えする為、『ゑびす足袋』は、大阪・玉造にアンテナショップを設けました。アンテナショップでは、足袋に関するご相談や採寸とは別に(定期的にとはいきませんが)日本文化に関するワークショップも開催しております。(着物を着るときの所作・日舞・茶道・書道・華道など)HPのお知らせの欄やFacebookに投稿いたしますので、ご興味がございましたらお越しください。『ゑびす足袋』を通して性別や年齢関係なく、楽しい時間を過ごすことのできる場所にしたいと思っております。

アンテナショップにお越しいただいたきましたら…

  1. 裸足になっていただき、両足のサイズをお測りします。
  2. サイズに合った見本足袋を履いていただきます。
  3. 足首周りなど、部分調整が必要な方はイージーオーダーでご対応させていただきます。
  4. 完全お誂えも、アンテナショップに足を運んでいただけました方のみ、ご対応させていただきます。
 
保存保存

営業日カレンダー

2017年7月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2017年8月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
定休日:土日祝
8/11〜16までお盆休みを頂きます
Top